スタンレイのスタッキングタンブラーにピッタリな蓋はクリーンカンティーン!

【本ページはプロモーションが含まれています】

スタンレイのタンブラーって最強ですよね!使ってる方とても多いと思います。

たくさん種類もあって、どれもすごくいいのですがスタッキングタンブラーが形がすごく好きで気に入って使っているのですが、やっぱりフタが欲しいんですよね。

保温保冷をより保っておきたいのと、倒してしまった時のリスクも軽減するしとゴーシリーズのフタ欲しさにゴーシリーズ買ってしまおうか?なんて…

探しに探したらあったんです!スタッキングタンブラーにシンデレラフィットするふたが!!!

\これがシンデレラフィット/

クリーンカンティーン タンブラー 蓋
¥1,210 (2024/04/13 02:39時点 | 楽天市場調べ)
目次

スタンレイのスタッキングタンブラーにフィットする蓋

Klean Kanteen(クリーンカンティーン)

このクリーンカンティーンの蓋はパッキンがかなり立派で、スタンレイスタッキングタンブラーの口径にしっかりおさまってくれるんです。

はめた時に一瞬「んっ?!」っと思ったのですが、ピタリとはまってくれたんですよ!

▼蓋についているパッキンが少し大振りでつくられているので、このスタッキングタンブラー以外にもフィットしてくれる可能性があると感じるくらいパッキンがすごいです。

▼スタッキングタンブラーに着けたのがこちら!しっかり収まっているのが伝わるかな?

スタンレイのスタッキング蓋セット動画

ちょっとフタを装着する動画を見てみてください!

ちょっと手間取ってますが…フタがビタッとタンブラーに収まる様子が見られると思います!

注意点

スタンレイのタンブラーに、このクリーンカンティーンの蓋は間違いなくピッタリハマるのですが。

飲み口が少し内側に位置しているので、口をつけた時に少々違和感があります。

違和感と言うか、飲みにくさを感じました。飲み慣れれば、そんなに気にならなくもなるかと思いますが少し気になるところかと思います。

▼クリーンカンティーンの蓋を装着して真上から見たところです。飲み口がタンブラー内側になっているように見えますね。

クリーンカンティーン蓋の購入先

クリーンカンティーンのタンブラーの蓋は、楽天市場・Amazon・Yahoo!ショッピングで販売されていました。

価格はどこで見ても550円になっていましたよ!

クリーンカンティーン タンブラー 蓋
¥1,210 (2024/04/13 02:39時点 | 楽天市場調べ)

▼交換用のパッキンの販売もされていました。取り外し用の専用スティック1本とキャップ用パッキン2個ついています。一緒に購入しておくと便利ですね。


口が空いているのが気になる!

クリーンカンティーンの蓋はピッタリでかなり気に入っていたのですが、夏場のキャンプで小さな虫がちょっと多いなと思うキャンプ場に行った時に着になってしまったんです。

この蓋だと、中に虫が入ってしまいそう!!

入ったことに口付けたくない!と飲み口にティッシュを詰めて、その場しのぎの対策をしたのですが、何か変わるものはないかと探し回ったところ、

IKEAで販売していたコルクの「コースター」が、なんとなくフィットしたので、ご紹介です!

▼こちらが販売している状態の「コースター」2個セットで199円でした。

スタンレイに合わせてみると、ピッタリフィットするといえばしているのですが、コースターを乗せておくと言った表現の方がマッチしますかね。

このコルクのコースターの下の部分がうま~くフィットしているのですが、パッキンではないので「ツンツン」と触るだけで外れます。

まぁあくまでも、虫よけ対策として使用したのでぶつかって倒したら、蓋といった役割としては十分ではないので、中身は普通に零れるレベルなのです。

それでも、虫が入らないことが私の第1優先でしたので、こんなものがあったというご紹介です♬

全体的なバランスとしては…ちょっとアンバランスですかね。コルクが好きな私はまぁまぁ気に入っていますけれどね!

スタンレイのスタッキングタンブラーにピッタリな蓋まとめ

シンデレラフィットす蓋はKlean Kanteen(クリーンカンティーン)から販売されているタンブラーの蓋がピッタリでした!

これで夏も冬も、保温保冷がもう少し保てるようになって快適に使うことが出来そうです♪

クリーンカンティーン タンブラー 蓋
¥1,210 (2024/04/13 02:39時点 | 楽天市場調べ)
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

休みがあればキャンプに出かけています。主に訪れたキャンプ場の情報などを発信しています。
他にも日々の気になったことなども書いていこうと思っています。

コメント

コメントする

目次