冬の天神浜オートキャンプ場で雪中キャンプ!気になるサイト状況!

天神浜オートキャンプ場は福島県の猪苗代湖にあるキャンプ場で湖畔キャンプに磐梯山も見える自然に囲まれた景色の良いキャンプ場です。

そんな絶景キャンプ場に雪が積もったらどんなキャンプ状況なのか行ってきました。

雪の状況でサイトがどんな雰囲気になるのか知っておくと準備がかなり変わって来るかと思います。

目次

天神浜オートキャンプ場・サイト状況

天神浜サイト

湖畔に沿ってキャンプサイトが広がっていて、かなり広いですキャンプサイト情報では車が200台ほど可能となっていたのでなんとなくめちゃ広いと思ってもらえると思います。

とはいえ雪だと縮小営業なのである程度のエリアでのキャンプになってきます。もしくは自分で雪かきをして場所を確保する状況でした。

サイトマップのBBQハウスの右側のキャンプサイトに多くの人が集まっていました。少し人と離れたい!より雪を堪能したいと感じた人は左側の森林エリアに行かれてました。車も入って行けました。

夏に比べると湖畔よりは雪で埋まっているのでそちらに設営する場合はしっかり雪を踏み固めての設営になりますがそれも雪中キャンプの醍醐味ですね。テント内でも雪を堪能できますし磐梯山の眺めもよかったです。

エリア別状況

管理棟から左方向のACサイト側は入っていく人が少なかったので雪がそのままですが、汚れていない雪なので新鮮な感じでした。さらに奥の森林サイトにも入っては行けるのでそちらに設営してる人も数名いて多少の雪かきをしていました。

真ん中のウッドデッキエリアはひらけているので景色最高です!湖畔に近づくのに結構雪が積もっていたので車は手前に停めていくのが良いですね。ハマってしまった人もいました。

右側のキャンプサイトは割と多くの人が入っていたのと積雪がそこまで深くなかったのであっとゆー間に道はビショビショでした。溶け固まっていたりするので滑ってしまわないように注意が必要です。

磐梯山が写った写真はキャンプサイトの水道がある場所から撮ったものです。茶色のラインが湖畔との境目になります。なので手前が砂浜の上になるので夏は皆さんこのエリアにたくさんテントが並んでますね。

今回は水道エリアに設営されている方が多かったですが、この砂浜エリアに設営も楽しそうでした。

きゃんぷサイトから
キャンプサイト水道からの景色

注意点

冬季は水関係は全て管理棟エリアでの使用になっていました。

猪苗代湖は風が強めです。その強風でしぶき氷が有名ですがキャンプをする時に強風だとテントの設営が簡単では無くなったり、焚火ができなかったりするので要注意ですよ!

天神浜オートキャンプ場・YouTube

我が家のキャンプ事情も含まれていますが、冬の天神浜オートキャンプ場の雰囲気が動画にて伝わればと思います。

天神浜オートキャンプ場・施設案内

  • 管理棟内に売店(薪と炭程度)
  • 女性用パウダールーム(冬季は閉鎖してました)
  • お手洗い(管理棟横)
  • BBQハウス・ガゼボ
  • 仮設トイレ(冬季閉鎖)
  • シャワー
  • レンタルバイク

冬季は女性用パウダールームは閉鎖されていて男性用のトイレの建物に女性用トイレができてました。お手洗いの横に隣接している建物に炊事場がありお湯も使えたので冬季は助かりますね。

天神浜オートキャンプ場・料金・利用時間

 2021年3月迄  2021年4月〜 
1名
小学生以上
 1,000円+税 1,200円+税
テント1張 1,000円+税
バイクキャンプ
1名
 1,000円+税 1,300円+税
乗用車 1,200円+税 1,000円+税
キャンピングカー
トレーラーバス
 2,000円+税
利用料金、2021年4月より変更になるようです。

チェックイン :  9:00

チェックアウト: 15:00

周辺施設

  • 道の駅猪苗代(2km)
  • コメリ(2km)
  • セブンイレブン猪苗代(4km)
  • ヨークベニマル(4km)
  • リオンドール(4km)
  • 薬局(4km)
  • ダイソー(4km)

猪苗代磐梯高原ICを降りて猪苗代湖方面に曲がると道の駅やコメリがあり、反対に出るとスーパーや薬局や100円ショップに飲食店がありました。

まとめ

雪があると普段と全く雰囲気が変わりますね!

湖畔の際でのキャンプも良いですが、雪上のキャンプもまた普段味わえない気分でキャンプをすることができて楽しかったです。

ストーブなどは雪が溶けて傾いたりしないよう気をつけないとですね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

休みがあればキャンプに出かけています。主に訪れたキャンプ場の情報などを発信しています。
他にも日々の気になったことなども書いていこうと思っています。

目次
閉じる