佐賀県社長保険金殺人事件の犯人は?真相ネタバレ妻なのか愛人なのか?衝撃ファイル

世界が騒然!本当にあった㊙衝撃衝撃ファイルで放送される佐賀県水産会社社長が海中から引き揚げられた車の中から遺体がで発見される。

4億円以上の生命保険がかけられていたことから、警察は保険金を狙った殺人事件として捜査を進めたが犯人はまさかの本人?妻?愛人?

妻や愛人の裏の顔を解き明かし社長と思われた遺体は替え玉だった?事件の真相を先読み!

目次

事件の経過

1981年(昭和56年)1月22日に、佐賀の星賀港から1台の車が引き上げられた。車内から水産会社社長の遺体が発見された。遺体は顔がわからないほどの打撲痕で判別がつかないほどだったこと、引き上げられた車のバンパーが凹んでいたのだ。現場には他の車のライトの破片も散らばっていたことから殺人事件と捜査が始める。

遺体確認には妻・ゆきえと会社の職員である遠藤れいこが一緒にしていた。顔の損傷がひどかったが盲腸の傷が一致しているということで遺体は山本と断定された。そして山岡には3億もの借金があったことも判明する。

会社は水産業で当時、回転寿司が流行りだし事業拡大をしていたがハマチの養殖に失敗し借金が出来てしまったのだ。闇金にも手を出し大変な思いをしていたのだ。

妻の供述で事件前日に夫の山岡から暴力団に暴行されたと連絡が入ったあと夫とは連絡がとれなくなったというのだ。

その後、海に落ちた車を押し出したと思われる車が発見された。その車はレンタカーで借主は妻ゆきえの弟であった。そして事件当日にそのレンタカーが盗難にあったと被害届も提出されていた。

ゆきえの弟の話では、姉である山岡の妻、ゆきえの指示だったとのことで車を借りたのも盗難届も指示されたからだったと供述したのだ。

一緒に遺体確認に来た社員に遠藤れいこは山岡の愛人だった。事件の1年前、夫のいたれいこだが、突然夫が蒸発したことにより山岡に拾われ、妻も働く自分の職場で働かせてたのだ。

このことから、妻は夫である山岡を恨み殺害に及んだのではと警察は妻ゆきえをマークし始める。

ゆきえは弟にレンタルさせた車で愛人のれいことドライブに出かけ、体調が悪くなったれいこと一緒に家に帰ったところ警察から連絡が入り、愛人のれいこと遺体確認にタクシーで向かったとのことだった。

警察は妻だけでなく、愛人のレイコのことも調べたところれいこは山岡に2500万円も貸していたことや山岡にれいこ以外の愛人がいたことから、妻と愛人の共謀ではないかと考え始めたのだ。だが2人は否認したのだ。

そして山岡の打撲痕は女性だけでは無理があるとも考えられ、さらに調査をしていたところ遺体確認をしに来た時に乗ってきたタクシー運転手から、女性2人だけではなく帽子をかぶった男性もいたことが判明する。

この男性について2人を追及すると、妻ゆきえは愛人れいこの知り合いだと話した。愛人れいこは社長の知り合いだと話したのだ。

だが事件発生から5日経ったとき、愛人れいこが帽子をかぶった男は蒸発した自分の夫だと話し始めたのだ。ただ連絡は取れないと、用があるときだけ自分の元に現れると。その蒸発した夫から自分以外に愛人のいる山岡から貸した2500万円を取り返してやる!と言われ山岡を殺害したと供述したのだ。

事件の真相

首謀は愛人れいこの蒸発した夫、そして事件に関与した愛人のれいこと妻のゆきえが逮捕される。

だが、どうやっても愛人れいこの蒸発した夫の行方が突き止められなかった。そこで妻のゆきえをさらに追及するとまさかの告白をしだした。

海から引き揚げられた車の中の遺体は夫の山岡ではないと話し出したのだ。それならあの遺体は誰なのか?事件はまたしても暗礁に乗り上げてしまった。

そんな時、電車に飛び込み自殺した事件が発生し、その人物こそが山岡だったのだ。この時初めて指紋照合して間違いなく山岡だと確認された。駅のホームには遺書が残されており、事件の全貌が書かれていたのだ。

佐賀保険金殺人替え玉の犯人

犯人は山岡本人による替え玉殺人事件だった

水産業の養殖に失敗し暴力団に追われ借金返済をどうしようかと考えていた。そんな中事故死で保険金を受け取り支払うことを考え始めるが…なんとなく訪れた競艇場で飛んでもないことを思いついてしまったのだ。

誰だかわからない人を自分の替え玉として殺害し保険金を回収することだった。妻のゆきえと愛人のれいこをうまく言いくるめ、競艇場で自分と背格好の似た人物に近づき、頃合いを見計らって殺害し車に乗せて海に落としたのだ。

妻ゆきえの供述で、逃げられないと思った山岡は電車に身を投げ自殺を図ったのだった。

佐賀県社長保険金殺人事件のその後

妻ゆきえ

保険金の受取人として、保険金替え玉殺人の詳しい内容は聞かされておらず、殺人ほう助の罪で懲役4年となった。

愛人れいこ

山岡と一緒に替え玉の男を酔わせ、殺害に関わったため、殺人共犯の罪で懲役7年の判決が下された

佐賀県社長保険金殺人事件の犯人まとめ

  • 海から引き揚げられた遺体は山岡ではなく別人
  • 山岡が自分の保険金で借金返済しようとした
  • 妻と愛人を使って犯行に及ぶ
  • 逃げきれなくなり自殺を図った
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

休みがあればキャンプに出かけています。主に訪れたキャンプ場の情報などを発信しています。
他にも日々の気になったことなども書いていこうと思っています。

コメント

コメントする

目次
閉じる