フラクタル日除けの通販や価格に特徴やメリットは?がっちりマンデーで紹介!

2022年7月31日のがっちりマンデーでは「儲かる模様」に着目しています。

その中で、フラクタル模様という ””図形の部分と全体が自己相似になっている幾何学的模様”” なのですが、この模様が木蔭のような自然な涼しさを作り出すと注目されています。

2009年のグッドデザイン賞にも受賞する実績をもっているんですね

フラクタル模様の日除けの通販お取り寄せの情報や価格に特徴やメリットについてまとめてます。

目次

フラクタル日除けの通販お取り寄せ

フラクタル日除けは、ロスフィーという会社が企業向けに設置されています。

自宅で利用できそうなタープなどの販売はされていないようなのですが、楽天市場やYahoo!ショッピングでは、フラクタルテント・タープといったものが販売されていました。

広げるだけのかんたん設営 木陰テント
¥220,000 (2022/10/02 07:39時点 | 楽天市場調べ)

広げるだけの簡単なタープなのですが、やはり特殊なデザインのせいなのか価格はかなりの高額になっていますね。

クタル日除けの価格

22万円

その額なんと、22万円?!!!!

驚きの価格すぎて買えない。

ですが、これが自宅の庭やグリーンカーテン代わりに利用出来たらとても良さそうだな!と感じますよね。

かなり気になった商品なだけに価格にたじろいてしまいましたよ。

フラクタルの冊子

組み立ててフラクタル日除けを実感できる「シェルピンスキー四面体」のペーパークラフトがついている冊子も発売されていますよ

(気象ブックス) [ 酒井敏(地球流体力学) ]
¥1,980 (2022/10/02 10:54時点 | 楽天市場調べ)

フラクタル日除けの特徴・メリット

フラクタル構造は放熱効率がよく、輻射熱を抑えることができ快適な空間を作り出すことができます。

風の抜け道を塞ぐことがないので、木陰にいるような状況がそこにできるんですね。

完全な人工物でありながら、木陰の涼しさを再現され省電力化に大きく活躍しeco製品として注目されています。

フラクタル日除けとは

フラクタル日除けは、樹木の幾何学的構造に習った葉っぱのような小片をフラクタル的に配置した形の新しい日よけになり、京都大学の酒井 敏氏が発明。

それを、京都大学と積水化学工業株式会社、株式会社ロスフィーにライセンスされており

積水化学工業株式会社では金属的、株式会社ロスフィーでは布などの製造をされているそうです。

フラクタル日除けの通販や価格は?特徴やメリットまとめ

フラクタル日除け、自然の原理を生かしたフラクタルなんだか奥が深いですね。

この模様に引き込まれそうなくらい魅力的に感じる人もいるのではないでしょうか?

自然界でのフラクタルを探したくなりました。

広げるだけのかんたん設営 木陰テント
¥220,000 (2022/10/02 07:39時点 | 楽天市場調べ)
(気象ブックス) [ 酒井敏(地球流体力学) ]
¥1,980 (2022/10/02 10:54時点 | 楽天市場調べ)
過去の放送
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

休みがあればキャンプに出かけています。主に訪れたキャンプ場の情報などを発信しています。
他にも日々の気になったことなども書いていこうと思っています。

コメント

コメントする

目次