おうちシェフPRO新型SP-2DM251とSP-2DF231比較!購入するならどっち?

シロカに電気圧力鍋「おうちシェフPRO」Mタイプ(SP-2DM251)と「おうちシェフ」Fタイプ(SP-2DF231)が2021年9月24日に発売されます。

おうちシェフPROとおうちシェフの違いは何でしょう?どんな機能があってどっちを買うか…迷っちゃいますよね。

ここでは2台を徹底的に比較していきたいと思います。

目次

SP-2DM251とSP-2DF231との違い

大きく違う部分をピックアップして一覧にしました。

機能的な違いは5つしかありませんでした。

  • 使用最高圧力
  • 自動減圧機能
  • かしこい予約プログラム
  • 調理方法数
  • オートメニュー数
SP-2DM251
(PRO)
SP-2DF231
(シェフ)
使用最高圧力95kPa ゲージ圧70kPa ゲージ圧
自動減圧機能
かしこい予約プログラム
(通常予約は有)
調理方法数10種7種
オートメニュー数83種類20種類
カラーホワイト
ダークブラウン
ホワイト
本体重量3.9kg3.5kg
サイズ幅24×奥26×高27幅24×奥24×高27

使用最高圧力

圧力が高いほど、味の染み込み度、やわらかさ、栄養素の残存率が良くなります。

よってPROの方がより染み込みやすくなっているんですね。

自動減圧機能

スマートプレッシャーというシロカ独自の技術備わっています

一定高圧力×自動減圧機能を上手にコントロールし細やかでさらに美味しく調理する技術が使われています。従来の自然減圧に比べて調理の時短にもなっている機能です。シロカ独自の技術になっています。

かしこい予約プログラム

最初に高温で加熱し、菌が繁殖しにくい75℃で保温し、予定時刻に合わせて調理を完成させてくれる便利な機能です。

SP-2DF231(シェフ)はかしこい予約はできませんが通常の予約は可能です。通常の予約とは、完成時間から逆算したところから自動的に調理が始まる機能です。

調理方法

  • 圧力調理
  • 無水調理
  • 蒸し調理
  • 炊飯
  • スロー調理
  • 温めなおし
  • 炒め(下ごしらえ)
  • ※低温調理
  • ※発酵
  • ※温度調理

SP-2DM251(PRO)は10種類もの調理方法があり、SP-2DF231(シェフ)は7種類となっており上記の※がついた料理方法は出来ません。

オートメニュー数

SP-2DM251(PRO)は調理方法が10種類もあることからオートメニューの幅が広く83種類ものメニューが作れます。

おうちシェフ基本機能

おうちシェフPROは本格的な料理を作るのに優れていています。

そして何より簡単3ステップ

  • 下ごしらえ(野菜を切る)
  • 食材を入れる
  • スイッチを押す(セットする)

こんなに簡単で大体の料理が30分ほどで出来ちゃうのですから、時間に追われていてもお任せでご飯の準備が半分終わっちゃいますね。

セット内容

  • 本体
  • 計量カップ
  • 蒸し台
  • パッキン(予備)
  • 特別レシピブック
  • レシピブック
  • 取扱説明書(保証書)

SP-2DM251とSP-2DF231比較のまとめ

  • 使用最高圧力
  • 自動減圧機能
  • かしこい予約プログラム
  • 調理方法数
  • オートメニュー数

違いはこの5点でした。本格的な料理も考えているのであればPROのSP-2DM251の購入を!手軽に使えればいいというのであればシェフSP-2DF231の購入が良いかと思います。

それでも迷っているのならば、この2つ金額的に3千円ほどしか違わないんですよ!お金の余裕があるのであればPROを買っても損はないかと思いますね♪

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

休みがあればキャンプに出かけています。主に訪れたキャンプ場の情報などを発信しています。
他にも日々の気になったことなども書いていこうと思っています。

コメント

コメントする

目次
閉じる