ナゼそこ?標高2380mの八ヶ岳青年小屋の場所やテント場!予約や営業期間は?

2021年10月21日のナゼそこ?では、山梨と長野の県境!標高2380mの岩石だらけの山奥で生活するご夫婦が登場します。

この山梨と長野の県境の標高2380mの場所は、八ヶ岳の青年小屋という場所だということがわかり、山小屋を経営されているご夫婦は竹内さんと言う方です。

青年小屋の場所や利用方法や山小屋(遠い飲み屋)のことをチェックしていきますよ~♪

目次

八ヶ岳青年小屋の場所

住所:長野県諏訪郡富士見町立沢

本当に県境の際で、その長野県側に青年小屋があります。

最寄駅は山梨県の小渕沢駅になり、車で行けるのは八ヶ岳観音平駐車場までになっているようです。この観音平駐車場から山を登り、3時間くらいで青年小屋に辿りつくと思われます。

小渕沢からは▶登山タクシー◀なるものがあって、利用料金が片道1000円とかなり低価格で運営されているので、もし行くときは利用したいですね!

青年小屋の場所、こうやって見ると本当にすごい場所にありますね。山の尾根の際ですね!!

八ヶ岳青年小屋には何がある?

山小屋ですからね、休憩したり食堂としても営業されていて、青年小屋は、遠い飲み屋という愛称で呼ばれているんです。

この山小屋には、登山家だけでなくお酒が好きな方も青年小屋(遠い飲み屋)に来ることもあるようです。美味しい日本酒が揃っているそうで、ボトルキープすることも出来るそう!ですが居酒屋ではなく山小屋なのですよ~。

そして青年小屋は宿泊することはもちろん、テント場がありテントを張って過ごすことも可能なんですよ!

青年小屋の利用期間

毎年5月頃から11月頃の営業となっているので、▶八ヶ岳青年小屋HP◀で確認の上、登山してくださいね!

青年小屋の宿泊料金

山小屋の利用は、1泊2食付きの料金と素泊まり料金になっています。食事を朝夕どちらかだけつけることも可能になっていました。

大人小人
宿泊(2食付き)9,500円7,500円
素泊まり6,500円5,500円
夕食のみ 2,000 円 1,500 円
朝食のみ1,000円500 円

お弁当(おにぎり2コ)を500円もありました。登山中や下山中に食べることが出来ますね!

青年小屋のテント場の利用料金

テント場の利用料金は800円のようです。

この料金にはトイレ使用料が含まれていて、青年小屋のトイレを使うことが出来ます。

テント泊の場合は食事の提供は受けることが出来ないので、しっかり準備が必要になります。

標高2380mですからね、テント泊の場合はしっかり寒さ対策をしてくださいね!これはモンベルのめっちゃすごい寝袋でこれさえあれば!!ってやつですよ~♪

青年小屋の予約

山小屋への宿泊は完全予約制とのことです。

テント場の方は予約なしでも対応することが出来るようでした。

予約は電話のみの対応だったんので、HP確認の上、連絡してみてくださいね!

八ヶ岳青年小屋HP

ナゼそこなのか?竹内さんご夫婦

竹内さんは登山家で冒険家だったのです。登山家の中には、竹内さんに会うために青年小屋に来る人もいるのだとか!

世界の山にたくさん挑戦するほど山が好きで、その気持ちで山の中に住みたくなりこの場所にいるんですよ、好きが仕事にもなっていて素敵ですね!

ナゼそこ?八ヶ岳青年小屋まとめ

なぜそこ?山梨と長野の県境の標高2380mの場所は長野県諏訪郡富士見町立沢にある、八ヶ岳青年小屋でした。

この場所には遠い飲み屋という愛称があったりと登山家だけでなく、たくさんのかたが訪れる場所でした!竹内さんご夫婦も素敵な方でしたね♪

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

休みがあればキャンプに出かけています。主に訪れたキャンプ場の情報などを発信しています。
他にも日々の気になったことなども書いていこうと思っています。

コメント

コメントする

目次
閉じる