黒坂オートキャンプ場のプライベートサイトやクワガタ採取案内!夜景や標高もチェック!

山梨県笛吹市にある山の中にある甲府盆地の夜景が見えるキャンプ場です!

自然をたっぷり感じることができながら街から近く、とっても行きやすい場所にあるのでおすすめのキャンプ場です。

そんな黒坂オートキャンプ場のプライベートサイトやクワガタ採取のことや、夜景ポイントに標高までチェックしていこうと思います。

目次

黒坂オートキャンプ場・サイト状況

黒坂オートキャンプ場は基本的に林間サイトのキャンプ場です。

山の形をそのまま利用したサイトになるので大まかな区画分けがされていますが、同じ区画のサイトでもかなり違った雰囲気で、何度行っても楽しめるキャンプ場だと思いました!

大きく「第1キャンプ場」と「第2キャンプ場」に分けられていました。

第1キャンプ場

第1キャンプ場は受付に近いエリアになります。

Aサイト

Aサイトは第1キャンプ場の中で2箇所に分かれていて、どちらも山の中にあるキャンプサイトの中でも手前にあるエリアです。

手前と言っても、しっかり林間サイトなので木々に囲まれた空間があります。

※夏限定サイトとしては「Bサイト」となっています。一部「Aサイト・クワガタサイト」に変更されてます。

Bサイト・プライベートサイト

山をかなり上がって行く場所でした。道は狭くボコボコしていますが普通車も入れていました。

上がってしまえばBサイト内は比較的、平坦で特に問題はないかと思いますが、車高の低い車はギリギリな雰囲気です。

大きな空間が広がっていて、その中で区分けされつつ広めのサイトなので、ゆったりと過ごすことができます!

※夏限定サイトでは「Cサイト」となっています。

Cサイト・夜景

目の前に公道があり受付するための駐車場もあるので気になる人もいるかと思いますが、

人や車の通りは、そんなに多くはないので夜景のポイントとしては最適なサイトだと思います。

グループサイトとしての区画なので、と〜〜〜っても広いです!!

※夏限定サイトでは「Dサイト」になってます。

Dサイト/夏はクワガタサイト

こちらのサイトはCサイトからAサイトを通り抜け山の奥へ上がっていったサイトです。

道は舗装されているので車の通行はかなり走りやすくなっていました。

サイトの横に小さな川があり、よいBGMだと感じました。

木漏れ日がとても心地よいと感じられます。

サイトによっては車両とテントが少し離れてしまう場所もあり

※夏限定サイトでは「Aサイト」としてクワガタが取れやすいサイトになっています

第2キャンプ場

第2キャンプ場は受付から離れた道路の向こう側になっていました。

Eサイト・プライベート夜景サイト

行動からサクッと入れるサイトで、高台のような地形のサイトなので夜景がとってもよく見えます。

背の高くない木が区画割りされるように生えていたので夜景の見え方はバラ付きがありそうですが

空を見上げれば星空が広がっているサイトだと思います。

すでにキャンパーさんがいたので景色は撮れませんでしたが高い場所なので確実に夜景が見えると思います。

Fサイト

公道に沿ってサイトが並んでいる感じのFサイトですが、ここからも夜景は見ることができます。

公道や住宅の屋根なども視界に入りますが夜になってしまえば問題ない!と言った感じ♪

Gサイト

こちらは少し開けた感じの林間サイトでした。

サイトが並んではいるものの一区画が広いので隣との圧迫感はなく車両もスムーズに入っていけるので使用しやすいと感じました。

Gサイトの一部のラインに小さな川が流れていました。チョロチョロと聞こえてくる川の音が自然を感じさせてくれるとても気持ちよく耳に入ってきました。

Hサイト・スーパープライベートサイト/夏はクワガタサイト

Gサイトからもう少し奥にいった場所にあり、他のサイトより区画の距離があったので、よりプライベート感が味わえるサイトです。

かなり奥まった場所ではありましたが車両も問題なく入っていけるようになっていました。

※夏限定サイトでは「Aサイト/クワガタサイト」になっています。

黒坂オートキャンプ場・サイトの広さ

どのサイトも2ルームテントに車両が余裕で停めることが可能です。

場所によっては(山の構造上)テントサイトと車両が離れてしまう場所もありますが、そのような場所は少なめです。

グループサイトとして用意されているサイトに関しては2ルームテントを2張りでも車両も停められるくらい大きなサイトだと感じました。

黒坂オートキャンプ場の散策動画

ここで、ご紹介したサイトの様子を動画にて環境がわかりやすくなっているかと思います。

とっても広いキャンプ場なので、少し長いですが興味のある方は覗いてみてください。

黒坂オートキャンプ場・施設設備

受付

受付は簡易的でした。

販売されいたにのは炭と薪で、薪はバラの状態で7本500円で好きな時に取りにいけるスタイルでした。

その他の物も置いてあるようですが在庫状況になるそうなので基本的にはしっかり準備していくのがいいでしょう!

水場

水場は受付の横、Cサイト辺りのところと第2キャンプ場の入り口の3ヵ所にありました。

サイトによっては、かなり遠くなってしまうことがありそうです。

どこの水場も流し台いが大きく使いやすかったです。

※時期にもよりますが、水場にハーブが置いてあり、自由に使ってよいそうです。キャンプ飯が映えます♪

トイレ

トイレは土足禁止で、スリッパに履き替えての使用で、とても綺麗でした。

場所もほぼ水場と同じ位置で3ヵ所にあります。

コインシャワー

受付前のトイレと同じ建物にありました。

2個室あり、コインシャワーと言いましたが、通常のコインシャワーではなく個室の入り口にある料金箱にお金を入れてシャワー室に入ります。

料金は5分、200円

ごみ

ゴミは生ゴミと灰のみ受付してくれます。その他のゴミは全て持ち帰りです。

受付横と第2キャンプ場の水場横にありました。

ペット

ペットは無駄吠えがなく、リードにしっかりつなげることが条件になっていました。

黒坂オートキャンプ場・料金

料金表

レギュラーシーズンミドルシーズンハイシーズン
Aサイト1,0004,000(大人2分含)5,000(大人2分含)
Bサイト1,0004,000(大人2分含)5,000(大人2分含)
Cサイト1,000グループ料金(問合せ)グループ料金(問合せ)
Dサイト1,0004,000(大人2分含)5,000(大人2分含)
Eサイト1,0005,500(大人2分含)6,500(大人2分含)
Fサイト1,0005,000(大人2分含)6,000(大人2分含)
Gサイト1,0004,000(大人2分含)5,000(大人2分含)
Hサイト1,0005,000(大人2分含)6,000(大人2分含)

夏季限定サイト割り料金表(7月中旬〜8月中旬)

レギュラーシーズンミドルシーズン
Aサイト3,0005,000
Bサイト1,0002,000
Cサイト1,0002,000
Dサイト1,0002,000
Eサイト1,0003,500
Fサイト1,0003,000
Gサイト1,0002,000

施設使用料金

大人:1,000・小人(3歳〜中学生)500円

電源使用料金:1,000円

車両追加:1台・1,000円

黒坂オートキャンプ場・時間

チェックインーーー13:00〜16:00

チェックアウトーー12:00

黒坂オートキャンプ場・予約

予約は予約日から考えた3ヶ月前の1日に受付開始されます。

黒坂オートキャンプ場のHP、キャンプ情報サイト「なっぷ」からも行えます。

レギュラーシーズンは予約なしでも空きがあれば受け付けてもらえます!

注意事項

  • 22時以降は車両の移動、出入り禁止
  • 22時以降は静かに!
  • スピーカーなどの音の出るもの禁止
  • 直火禁止
  • 花火禁止

黒坂オートキャンプ 場の標高

標高:500m

黒坂オートキャンプ場・詳細

住所:山梨県笛吹市境川町大黒坂1070

ナビ設定時は黒坂オートキャンプではなく、「境川カントリークラブ」にするようキャンプ場から案内されています。

住宅街の細い道を通らなくてはいけなくなるので、ゴルフ場に設定すると広い道で辿りつけるそうです。

ゆるキャン△聖地?

黒坂オートキャンプ場は「ゆるキャン△」の聖地と言われています。

アニメ第6話で千秋がキャンプ場の下見にきた場所ではないかと言われています。スキレットで肉を焼いていたソロキャンパーのおじいさんが登場したキャンプ場です。

電車で行ける、景色がよく夜景が見えるプライベート感のあるキャンプ場を探していましたね!

そのまんますぎて、黒坂キャンプ場のことじゃん!!って思っちゃいました△

まとめ

甲府南ICから約10分で着くのに自然いっぱいの黒坂オートキャンプ場!

自然に夜景に夏はクワガタまでいる、本当に綺麗な場所です。

サイトもいろんなタイプがあり何度訪れても、毎回新しい発見ができる魅力的なキャンプ場でした!!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

休みがあればキャンプに出かけています。主に訪れたキャンプ場の情報などを発信しています。
他にも日々の気になったことなども書いていこうと思っています。

コメント

コメントする

目次
閉じる