キャンプ場の水は飲める?持っていくならどれくらいで足りる?

キャンプ場の水は飲める?

【本ページはプロモーションが含まれています】

はっちーのキャンプブログへようこそ♬

キャンプ場のお水は、そのまま飲んでも大丈夫なのか?飲まない方かいいのか?

気になる人は結構いると思うんです、私もお水に関してちょっと気になる部類なので、

今回はキャンプでの「お水問題」について解説していきたいと思います。

\お気に入りのギアが見つかる/

限定販売多数!【hinataストア】
目次

キャンプ場の水は飲める?

大岳キャンプ場

基本的に飲んで大丈夫

基本的に水道水を引いているキャンプ場の水は、自宅の水と同じです。

水道局の管理された水が使われているので問題はありません。

ただ!

やっぱり家と違うのは屋外だということです。

屋外にある蛇口なので、

・虫が気になる
・野生動物もいる

そういった点だったり、キャンプ場に来ている色んな人が触っているのでその辺りも気になったりします。

私は気になりだすとダメなので水は持参しているのですが、水を忘れることもあるんですよね。。。

そういった時は仕方なく?!キャンプ場の水を利用しますが、しっかり沸騰させて使います。

今までに1度もお腹を壊したりといったことはありませんので、基本的には水道水なので大丈夫なんですよね!

美味しい水を飲むなら

それでも気になる人は天然水を持参するといいですよ!
キャンプ場で飲む天然コーヒーが最高♪

ウォーターサーバーを自宅にいる時にしか使わないなんて

\もったいない/

しっかりキャンプ時にも持参します♪

\富士山の恵みの天然水が飲める/

水道水ではなく天然水

大野路オートキャンプ場
大野路オートキャンプ場

HPや受付時、水場で確認を!

キャンプ場によっては、水道水ではなく天然水や井戸水を使われている場合があります。

水道水ではない場合、キャンプ場のHPや受付した時の他に、水場に「天然水です」「井戸水です」などの注意書きがされていることが多いです。

富士山周辺のキャンプ場はとくに、””富士山の天然水””を利用しているキャンプ場が多いですね。

他にもお水が豊なエリアのキャンプ場は天然水のことがあります。

天然水はきれいだし、安心安全かというとそうではないです。

キャンプ場が水質管理をしているのか?わからないことだらけなので、その場合はしっかり沸騰させて利用するといいですね!

浄水器を持って行く

最近は自然の水を飲むということが主流としている方も増えてきていますね

テレビの影響も大きいのかもしれませんね。

ヒロシのボッチキャンプで使われていたセイシェルなどがよく売れているようです

浄水器も幅広くあって、除去できる不純物がどこまで対応しているのか?よく確認してくださいね!

\これがあればどんな水も飲める⁉/

ライフスタイル&生活雑貨のMoFu
¥8,888 (2024/04/15 09:54時点 | 楽天市場調べ)

持っていくならどれくらい?

持参する水の目安
1人:2L
2人:2~3L
4人:5L

我が家は大人2人で行くのですが、その場合3Lだと余ります

パートナーは水をかなり飲むタイプなのですが、意外と2Lでも行けちゃうかも!と思っていますが念のため3L持って行きます。

子どもなど家族の数が増えても5L あれば余裕かと思っています。

また、料理にもよるのですがカレーや鍋物など水を多く使う料理をする場合は少し多めにしておくと安心です。

我が家は鍋をしようと水を入れている時、重たくてひっくり返しました・・・多く持って行っていてよかったよ。

使い分けする

水を持って行くのは、ちょっと場所をとってしまって、、、邪魔。

という方、飲み水用に1Lほど持って行って、キャンプ場でのは沸騰させて使う。

といった使い分けをすれば、持っていく水の量を減らして身軽になれます。

お料理に使う水は大体が沸騰させることになるので、キャンプ場の水をそのまま利用することにはならないので安心です

キャンプ場の水は飲める?まとめ

水道水を引いているなら問題なく飲める

気になる場合は沸騰させるか、携帯浄水器の利用をするといいでしょう!

また持参する場合は人数などにもよりますが、2~5Lあれば1泊は余裕です!

楽しくキャンプして過ごしたいので、お腹が弱い方などは注意して利用してください。

キャンプ場での腹痛は本当に苦痛です。

よい思い出を持ち帰れるために対策は怠らずに♪

美味しい水を飲むなら!!

\富士山の恵みの天然水が飲める/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

休みがあればキャンプに出かけています。主に訪れたキャンプ場の情報などを発信しています。
他にも日々の気になったことなども書いていこうと思っています。

コメント

コメントする

目次