ヤマメほぐし飯を食べた感想にお取り寄せ通販や販売店!山梨県小菅村

ヤマメほぐし飯は山梨県小菅村で、小菅村産ヤマメを山梨県富士川町の『割烹立よし』さんの協力の元、出来上がった商品です。

小菅村は民間ではじめてヤマメの人工ふ化、養殖に成功した村なのです。現在はヤマメやイワナの養殖が盛んに行われています。

日本一と言われる小菅村産のヤマメを使った「ヤマメほぐし飯」を食べてみた感想をお伝えします!

目次

ヤマメほぐし飯の作り方

購入した、ヤマメほぐし飯には出汁とヤマメが入っています。

2合のお米を準備したら、出汁とヤマメを一緒に入れたら、後は炊くだけなんです。

2合分の出汁がしっかり商品になっているので、お水の分量を考える必要がないんです。

やまめほぐし飯を食べた感想

割烹立よしさん監修の出汁が、とっても優しくてご飯にしっかり馴染み、上品でありどこか懐かしい風味でとても美味しいご飯がたけました。

ヤマメは出汁がとてもよく染み込んでいて、圧力処理がされているのか骨を感じることなく食べることが出来ました。

実はヤマメの入っていた袋を落として踏んづけてしまったのですが、ビックリするくらいほぐれてましたよ!骨入ってるのかな?なんてまじまじと見つめちゃいました。

▼踏んづけて、ぐちゃぐちゃに潰れちゃったヤマメさん…。

▼炊き立ての様子

※やまめほぐし飯にはヤマメが1匹入っています。写真は追加で購入したヤマメを入れています。

炊き立てはもちろん美味しいのですが、ご飯が冷えてからもとても美味しくて「おにぎり」にして食べるのも良かったですよ!

ヤマメほぐし飯のお取り寄せ通販

ヤマメほぐし飯はYahoo!ショッピングと楽天市場で購入することが可能でした。

楽天市場では、ふるさと納税扱いのものだけのようです。

▼楽天市場では小菅村の物産展があり、こちらではヤマメほぐし飯の他にヤマメのアンチョビなど小菅村のジビエなどが盛りだくさんなんですよ!

大手通販だけでなく、小菅村の公式HPでもオンラインショップがあり、そちらでも購入が出来ます。

小菅村オンラインショップはこちら

生きたヤマメのお取り寄せ通販がある

さらに驚いたのですが、小菅村のヤマメを養殖している「玉川養魚場」では生きたままのヤマメを発送しているサービスがありました。

これはすごいサービスですね!気になる方は玉川養魚場さんをチェックしてみてくださいね♪

玉川養魚場の生きたままのヤマメを発送サービス

ヤマメほぐし飯の販売店

ヤマメほぐし飯を直接購入出来る場所は、山梨県小菅村にある「道の駅こすげ」です。

住所山梨県北都留郡小菅村3445

▼道の駅こすげは、山梨県と東京都の県境近くにあります。地図を見ると道の駅の右上には奥多摩湖が確認できますね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

休みがあればキャンプに出かけています。主に訪れたキャンプ場の情報などを発信しています。
他にも日々の気になったことなども書いていこうと思っています。

コメント

コメントする

目次
閉じる