真冬キャンプの女子の服装!これで寒くないユニクロとワークマンでしっかり対策!

真冬のキャンプってかなり冷えるので女子は少しでも温かい恰好で寒さ対策をしたいですよね!

ちょっとおしゃれもしたい!という気持ちもありますが、ここではひとまず「おしゃれ」は置いといて私が着ている、本格的にしっかりと温かい恰好をご紹介しますね。

真冬の屋外は気温の変化が予想しづらかったりするので、注意しながら準備します!

目次

真冬キャンプの服装インナー

インナーはユニクロの「極暖」

ユニクロの極暖が1番温かく感じます。

肌質によっては極暖が合わない方もいるので、ヒートテックのようなインナーをおすすめします!

下半身も私は「極暖」を履きます。タイツタイプではなく、「レギンス」にします!

レギンスにする理由は、温度調節をするためです。

着こんでしまって暑くなってきたときにタイツだと脱ぐことが簡単ではないため大変ですし、洋服を脱がなくてはいけなくなると逆に冷えてしまうからです。

レギンスにして、靴下を履いていれば温度調節は靴下を脱ぐだけで簡単に調節することができます。

※普通の靴下だけだと、指先が冷えてしまう私はモコモコの靴下も持参します。

真冬キャンプの服装・中間

インナーの次は、さらにユニクロの物を選びます。

ヒートテックを重ね着すると温かい

このユニクロのヒートテックを重ねることによって、かなりの体温を保持することができるんです。

今までインナーの上にニットやスエットを着ていた時以上に温かいことに気づき、ヒートテックを重ねることが体温を逃がさないので、冷え性の人や寒いのが苦手な方は重ねてみてください。

日中、日にあたっていると座っているだけで暑くなる人もいるかもしれません。

さらに、寒くなることを予想すると、このヒートテックの重ね着の上にニットや羽織りものを準備しておくと安心です。

私の場合は、ユニクロのフリースを準備しています!これめっちゃ温かいです♪

下半身も氷点下になるような場所の場合は、重ねるとかなり体温が変わってきますよ。

真冬キャンプの服装・パンツ

パンツはワークマンのFieldCore

このパンツ、すごく温かいんです!

小さく丸めることも出来るので持ち運びに便利で軽量なので、履いて出かけても良いですが、現地で気温が下がってきてから履くのにも適しています!

ポケットもたくさんあるので、カイロを入れることも出来ちゃいます。

真冬キャンプの服装・ジャケット

ジャケットはワークマン
裏アルミFIELDモッズコート

このジャケットは見た目より軽いので着やすく、風の受けもしっかりしています。

そして長さもあるので、腰回りの寒さも守られて本当に温かいんです。

さらには、ポケットがたくさんついているので、キャンプに必要な小物などしまっておくことができます!

そしてなんといっても価格です!このコート4900円だったんですよ~

この値段で、完全防備出来ちゃうんですから、コスパ最強です!

真冬キャンプの服装・電熱ベスト

電熱ベストを活用する

これ、とっても最高です!

着て体を温めるのはもちろんですが、寝るときに足元などに使うことも出来ます。

寝るとき足元ってかなり冷えているので、湯たんぽ代わりにもなりますし、ひざ掛け代わりにもなり使いかたは様々なので、焚き火をしている時は着用し、寝るときはかけたりと重宝します!

どこを温められるか、しっかりチェックしての購入をするといいですよ!私は腰回りをお腹に電熱線が入っているものを選びましたが、首にも電熱線が入っているものがあるのを後から知りました。

真冬キャンプの服装・小物

防寒として、帽子とネックウォーマーは大事です

おばーちゃんの知恵袋ですが、体温は頭のてっぺんから抜けていく!と聞いたことがありませんか?

体温は帽子を被ることで、かなり守られるんだそうです。なので温かい帽子は必須です!耳が隠れるタイプがおススメです

そしてネックウォーマーも必需品!

首元って意外と隙間ができてしまって、冷えるんですよね。

なので、しっかり冷たい空気が入らないようにするのが対策です!

真冬キャンプの服装おまけ

真冬の服装をご紹介してきましたが、本当におしゃれをおいて寒さ対策を1番に私の真冬キャンプの服装なのですが、全く可愛くもないですよね。

可愛い服装をしようとすると、スペックが落ちてしまうことがおおいんですよね。

と言っても、もう少しお金を出せば選べるものも増えるかと思うのですが、コスパ重視しています。

なので、ワークマンのパンツの上からゆったりサイズのパンツを履いたりして、ほんの少し可愛くなるような?ことをしてみたりしています。

▼それがこのパンツ!秋に販売されていたコーデュロイのパンツです。

真冬キャンプの服装(女子)まとめ

かなり着こんでしまって、トイレに行った時ちょっと大変だったりするのですが、氷点下になるような場所のキャンプや寒いのが苦手な私は、いつもこのくらい着ています。

着ぶくれは多少しますが、そこまで動きづらいということが無いのでしっかりと体を温められる格好を選んでいます。

さらにはパンツのポケットやブーツの中にカイロを仕込んでおります!おかげで焚き火や星空も堪能できてキャンプを満喫することができますよ★

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

休みがあればキャンプに出かけています。主に訪れたキャンプ場の情報などを発信しています。
他にも日々の気になったことなども書いていこうと思っています。

コメント

コメントする

目次
閉じる