塩原グリーンビレッジで冬キャンプ!サイト状況や風に福のゆと野天をチェック!

栃木県、那須塩原エリアにある「塩原グリーンビレッジ」へキャンプしに行ってきました!

冬に雪中キャンプしたいな~と探してやっていたのが、「塩原グリーンビレッジ」のキャンプ場でした!

冬のキャンプ場のサイトがどんな状態なのか?!風や星空に、福のゆや野天の湯の冬の入浴についてもご紹介しちゃいます。

目次

塩原グリーンビレッジのサイト状況

塩原グリーンビレッジのキャンプサイトは山の上のサイトと、下のサイトがあります。

冬は、山の上のサイトは閉鎖されていたので今回ご紹介することは出来ません。

解放されているサイトの状況をご紹介していきますね!

▼こちらが冬季でも解放されているエリアのキャンプサイトマップです。

どのサイトもゆったり利用できると感じる広さだと思いますが、場所によって広さに多少違いがありました。

マップに描かれているサイズ感が大体あっているので、よく見てみると面白いです!

グループサイト

グループサイトが全部で4か所ありました。どのサイトも本当に広くて2~3グループは余裕で入れると感じました!

グループサイト1

グループサイト1は、少し高台になっていたのでちょっと気分が良い場所です。他のグループサイトに比べると少し小さい印象があります。

グループサイト2

グループサイト2は、正方形型で通常サイトの並びにありました。

グループサイト3

グループサイトの中で1番広いサイトでした!大型テントでも設営次第で3張り可能かもしれません!

グループサイト4

大きめのテントだと2張くらい、小さめのテントなら3張は余裕です。

グループサイトの中でも1番大きいと感じたのは、グループサイト3です。

オートサイト

オートサイトはサイト同士が並んでいる状態で連なっていて、向かい合わせになっている場所もありました。

地面は小さな砂利が敷き詰められていました。たまに土がむき出しになってしまっているところもありました。

▼A1とA2

他のサイトに比べて、かなり広いサイトです。川沿いのサイトなので景色はとてもよいですが、少々風が強いと感じました。

▼他のサイトは大体、隣り合わせで連なった状態です。

▼山側のサイト

山側のサイトは、日照時間が少ないようで冬季は閉鎖されていましたが、雰囲気はこのような感じです。

電源サイト

利用料金は1100円です。

電源はどのサイトにも常備されていました。

利用する場合、カバーを開けてもらって仕様することが出来ます。

塩原グリーンビレッジの動画

キャンプ場のサイトや雰囲気がわかる動画があります。

雪の状況やなどもチェックできるので、気になる方は覗いてみてください♪

塩原グリーンビレッジの風

冬季の利用で注意しといた方が良いのが「風」です。

那須おろしといわれるのかな?!北西の山から勢いよく風が吹き降りてきます

風に強いテントや、しっかりペグ打ちしたりと対策をしておいた方が良いですね!

我が家は、ゼインアーツのギギ2を愛用しているのですが、少々風に弱いので、風向きを考えて設営しました。

真横から風を受けたくないので、北西側に対して風の当たる面が少なくなるように設営です。

山おろし、突然の突風に負けないように、風がない日でも気を付けてくださいね!

日中はそんなに風がなくても、真夜中に突然の豪風がやってくることもありますので!!

塩原グリーンビレッジの野天の湯

塩原グリーンビレッジにはキャンプ利用者が無料で入れる「野天の湯」があります。

夏場は、男性・女性ともに解放されていますが、冬季は女性側の風呂を時間制で男性・女性が順番に入れるシステムになっていました。

▼これは公式ホームページで記載されている男性側のお風呂です。

女性側のお風呂は、壁があり窓から外を眺める造りになっているので、お湯の温度が下がることなく入浴することが出来るようです。

日が暮れて真っ暗ですが、窓の向こう側は木々が生い茂っています!

▼脱衣所は、少し狭いですがロッカーもありましたよ。冬場は寒いですが一応ヒーターも備わっています。

▼これが冬季の入浴時間スケジュールです。

森のいで湯 福のゆ

塩原グリーンビレッジの受付の向かい側に「森のいで湯 福のゆ」という温泉があります。

通常の入浴料金は730円なのですが、キャンプ場利用者は無料で入ることが出来ました!

しかも何度でも入れちゃうんですよ!これはすごいですね。嬉しくて2回も入っちゃいました♪

泉質は「ナトリウム・炭酸水素塩泉」という成分が含まれていて、「美白」と「潤い」効果があり美人の湯とされています♪

湯上り時、肌はサラサラしてました。

塩原グリーンビレッジの施設設備

塩原グリーンビレッジの受付・売店

建物に入るとすぐ受付窓があり、ここで料金の支払いをします。

受付窓の先に売店がありました。

売店は商品が豊富でキャンプ用品や肉や加工食品などの食品やお菓子に遊び道具などもありましたよ!

薪は針葉樹が550円、堅まきが850円でした。

▼売店の全体の雰囲気

塩原グリーンビレッジの水場

水場は野天の湯の場所にあり、建物の中にあるので雨風を気にすることなく利用することが出来ました。

お湯もでるので、冬でも快適に洗い物が出来ました♪

そして洗濯機や乾燥機までありましたよ!

塩原グリーンビレッジのトイレ

トイレも野天の湯の場所にあります。

広く各個室にヒーターが完備されていました。ウォシュレットで利用しやすかったです。

塩原グリーンビレッジのゴミ

ゴミは売店で専用のごみ袋(50円)を購入すると、捨てることが出来ます。

塩原グリーンビレッジのペット

ペットはリードにしっかり繋いでの入場となっていました。

塩原グリーンビレッジの料金

  • トップシーズンーGW・7連休・お盆期間中・9月連休・10月連休・その他
  • オンシーズンー4月中旬〜11月中旬の土曜日・7月中旬〜8月下旬のトップシーズンを除く全日
  • レギュラーシーズンートップシーズン、オンシーズン以外の通年

大人:中学生以上・小人:3歳~小学生

夏季4月中旬~11月上旬・冬季11月上旬~4月上旬

塩原グリーンビレッジの利用時間

チェックインーー13:00

チェックアウトーー12:00

塩原グリーンビレッジのアーリー・レイト

塩原グリーンビレッジのアーリーチェックイン

アーリーチェックインは9:00から利用が出来ます。

塩原グリーンビレッジのレイトチェックアウト

レイトチェックアウトは

アーリー・レイトの料金

料金は、1時間220円でした。

時間単位での料金設定は嬉しいですね。そしてとてもリーズナブルです。

連泊した場合は、割引料金にあるようです!

塩原グリーンビレッジのキャンセル料

塩原グリーンビレッジのキャンセル料金は、6日前から発生します。

6~2日前20%
前日50%
当日・無断100%

塩原グリーンビレッジの注意事項

  • 直火禁止
  • 楽器や発電機の使用
  • サイトでの花火禁止
  • ゴミ捨ては有料

\キャンプ用品をレンタルしちゃおう/

気軽にキャンプしたい時に!
旅先で思い立ったらキャンプができる

塩原グリーンビレッジの周辺施設

塩原グリーンビレッジの近隣で買い物できる場所はありません。

塩原グリーンビレッジの売店で多少の食材は販売はしてましたが、食材などはしっかり準備しておかないとですね。

買い物

アグリルパーク塩原ー道の駅のような場所で野菜や加工食品が販売していました。

飲食店

しおばら千二百物語は、塩原グリーンビレッジのすぐ横辺りにカフェがありました。

上三衣方面へ行くと、塩原街道沿いに飲食店がたくさんありました!

さらに上三衣塩原温泉口まで行くと、オモウマい店というテレビ番組で紹介されていた「こま草」さんがあるんですね。

冬季は臨時休業されていたりしますが、蕎麦はもちろん天ぷらがすごいそうです!

塩原グリーンビレッジの場所・アクセス

住所:栃木県那須塩原市塩原1230

塩原グリーンビレッジ、かなり山奥にあります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

休みがあればキャンプに出かけています。主に訪れたキャンプ場の情報などを発信しています。
他にも日々の気になったことなども書いていこうと思っています。

コメント

コメントする

目次