本栖湖キャンプ場は予約不要の全フリーサイト!場所取りや受付方法に混雑状況は?

山梨県にある本栖湖キャンプ場のサイト状況や受付の仕方、場所取りの流れが少し変わっている時があるので初めて行く方のちょっとしたガイドになればと思います。

初めて行く場所って先にどんなものか調べておきたいタイプなので、同じような考えを持った人のお役に立てるよう細かく記載していきますね。

これで到着後すぐに行動できちゃいますよ〜!場所取りもバッチリ!!

目次

本栖湖キャンプ場の予約

本栖湖キャンプ場ではテントサイトの予約は受付ていません。

週末や連休に行く場合はどのくらいスペースが残っているか、当日行ってみないと状況が全くわかりません。

タイミングをみて場所取りをするのがいいと思います。

本栖湖キャンプ場の受付方法

通常時(混雑していない時)は、普通に一番始めに受付をして料金を支払い、テント設営場所を探す!と言う流れなんですが。

混雑時は通常時の逆なのです。先に場所を確保してテントが設営できてから受付に行き支払いをします。

と言うのは、区画がない全フリーサイトになっているので、混雑していると場所が確保出来るかわからないため、先に場所を取ってきてね!と言う状態です。

なので、ちょっと混み合っているな!と感じた時は受付に行かず先に場所を確保してしまいましょう!

本当に大丈夫?なんて不安に思ったりしますが、私は不安で毎回受付に確認しに行きますが、毎回「先にテント建ててきて」と言われています。

空いている時はそんなこと言われずにスムーズに受付してくれますから、ご安心を〜!

本栖湖キャンプ場の場所取り

本栖湖キャンプ場は予約なしの完全フリーサイトなので、週末や連休の場所取りがとても難しいです。

チェックイン時間を狙う

チェックイン時間は朝8時からなので、朝イチでその時間に入るのが場所を確保しやすいです。

ですが、夏など混雑しやすい季節は土曜日の朝は普段の季節より場所取りは難しいです。金曜からキャンプに来る人が結構多いんですよね。

チェックアウト前を狙う

混雑が予想される時期であればチェックアウト時間を狙った方が場所を取れたりしますよ!!

自分だったらキャンプ撤収時ってチェックアウトの2時間前くらいから片付け始めるのですが、チェックアウトの1時間前だと、大体の人が片付けますからね。

その時間に到着すると都合よく場所をいただけちゃうことが多いですね!

本栖湖キャンプ場の混雑状況

シーズンの混み具合

平日のチェックインは朝8時から可能です。夏休み期間でも平日の朝一であれば、そこそこスペースがあるので割とサクッと入ることが出来ると思います。

お昼過ぎくらいからは徐々に混み合っていますが帰る人もいるのでまぁ何とか場所取りはクリアできると思います。

土曜日の朝一は他の曜日に比べて入りずらい印象があります。金曜からインしている人が月~木曜に比べて多いので、逆に帰る人がいる時間帯の方が場所の確保は確実になりそうですよ。

15時を過ぎると隙間がほぼなくなってくるので行ったところで場所の確保は厳しくなってきます。

本栖湖キャンプ場のサイト状況

サイトMAP
出典:本栖湖キャンプ場

林間サイト

サイトの大半が林間サイトになっていて、その場所によって傾斜が多少あります。砂利で平坦になっているスペースも少しあります。

とにかく松の木がた〜くさんなんです。ある程度スペースがある場所もあるんですが、なかなかそんな好条件の場所って空かない。

皆さん松の木の隙間にうまくテントを設営されています。行くたびに皆さんのキャンプスキルの高さを感じます。

上記のようにある程度のスペースがあれば、どんなテントでも大丈夫だと思います。

こちらのような松の木がかなり密接している場所だと小さめのテントでないと設営が難しい場所もたくさんあります。

テントとタープの位置関係など離してキャンプしている人もいました。

どの場所も多少の傾斜があるので林間サイトで平坦な場所はほぼありませんでした。

林間サイト地面状況

土なので硬すぎず柔らかすぎず、とても打ちやすいです。

砂利・平坦エリア

キャンプサイトの道路沿いは砂利で平坦な場所があります。

基本的には林間サイトに入れなかった車を停めるスペースになってはいますが、大きなテントや混雑時はこちらに設営しても大丈夫だそうです。

砂利エリア地面状況

ペグは少し打ちづらいですが、そこまで困ったりはしなかったですよ。

本栖湖キャンプ場のおすすめの場所

本栖湖キャンプ場私のおすすめエリア

私のおすすめは、キャンプ場受付への道のりエリアはおすすめです。地面が芝生になっているところもあるので、そこを確保出来たら快適です。

そして、その場所の道路から富士山のてっぺんが見られるんです。ほんの少しなんですがちょっと得した気分になれますよ♪

本栖湖キャンプ場の人気エリア

人気エリアはトイレの裏辺りが人気のようです。やっぱりトイレが近いのはいいですよね。

トイレが近くても嫌なニオイはしませんし、木々に視界が遮られるので特にトイレが気になることはありませんよ。

夏のキャンプに役立つ商品

この季節、虫がとってもたくさんいて本当に厄介ですよね〜テントの周辺に飛んでくるだけで気が散ってしまうほど。

キャンプは好きだけど、どんなに頑張っても虫は好きになれません。そこで良いアイテムがあったんです!

「おにやんま君」昆虫界ではテッペンにいるそうなので他の虫が寄り付かないんだそう!これはかなりありがたい商品ですね♪

虫除けに最適なオニヤンマの模型

本栖湖キャンプ場・施設設備

受付

キャンプ場入り口からまっすぐ進むと左側にあります。こちらでキャンプ場使用料金を支払います。

売店

売店は受付の向かい側にあります。

薪が3種類、針葉樹、広葉樹が500円から700円で販売していました。

⬇︎売店の薪よりもっと安い薪を求める人はこちら⬇︎

河口湖ICから本栖湖までの通り道なのでちょっとの寄り道で格安な薪が購入できちゃいますよ〜

その他にキャンプ用品やカップ麺、お菓子にアイスなどが置いてありました。

営業時間は8時から17時になっていますが、夏や混雑時は18時くらいまで開いていることがあります。

水場

一番蛇口の数が多い場所は受付と売店の間にある水場になります。

全部で6箇所ありますが、割と受付周辺にまとまっている印象です。端の方に設営するとかなり遠くなってしまいます。

トイレ

一番しっかりしている建物のトイレが受付から数十メートルの場所にあるトイレで、水栓洋式になっています。

電気も明るくキレイに清掃もされているのがわかります。

トイレも大体受付周りにある感じなので、道路沿いや端の方に設営するととても遠く感じるかと思います。

シャワー

コインシャワーが8つありました。5分300円です。100円追加で2分延長できます。

シャワー
出典:本栖湖キャンプ場

ごみ

受付時にゴミ袋がもらえます。その袋に分別をして、翌日ゴミ収集場所に出します。

ゴミ収集場所は売店の横になり、収集用のトラックが停まっています。

ペット

ペット同伴可能です!

しっかりリードを付けて、フンなどの処理をしっかりお願いします。

本栖湖キャンプ場の料金

  • テントやタープ(1名用)ーーー2,000円
  • テントやタープ(2名〜)ーーー3,000円
  • 車中泊ーーーーーーーーーーーー2,000円
  • キャンピングカーーーーーーーー3,000円

テントやタープのタープは幕系の物を指すようで、通常のテントに通常のタープを使用する場合はテント料金+タープが別途500円かかります。

本栖湖キャンプ場の利用時間

チェックインーーー8:00~

チェックアウトーー12:00

本栖湖キャンプ場の注意事項

  • 夜間10時までは花火可能(騒音にならない物のみ)
  • 音楽などのボリュームに注意(夜間8時まで)
  • 本栖湖での遊泳は禁止されています。
  • 必要最低限のスペースでの使用

標高900mなだけあって、夏場でも涼しくて割と快適に過ごすことができました。秋頃からは日が暮れると思っているより寒いと感じることがあります。夏場でもしっかり対策をしておいた方が良いと思います。

本栖湖キャンプ場へのアクセス

山梨県南都留郡富士河口湖町本栖18

0555-87-2306

本栖湖キャンプ場のまとめ

  • 予約はできない
  • 場所取りは朝イチかチェックアウト時間を狙う
  • 混雑時は先に場所の確保をしてから受付をする

予約なしで行けるキャンプ場はとても魅力的ですよね!思い立ったら行けちゃうのでとても好きです!

ただ混み合った時期だと場所取りが難しいですが、うまくタイミングをみて場所取りするのも最近は楽しいです!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

休みがあればキャンプに出かけています。主に訪れたキャンプ場の情報などを発信しています。
他にも日々の気になったことなども書いていこうと思っています。

コメント

コメントする

目次
閉じる