鮨心の冷凍寿司お取り寄せ通販の方法!店舗の場所や予約方法!がっちりマンデー

2021年11月21日のがっちりマンデーでは、””冷凍食品や冷凍庫など「冷やし」は1年中儲かっていた!””といったテーマで冷凍の世界を特集しています。

中でも冷凍技術がすごい「アートロックフリーザー」で冷凍した寿司がお取り寄せできてしまうといったすごい世界に驚きました。

お取り寄せ通販出来る寿司が気になっちゃいましたので、確認したところ東京都の鮨心(すしこころ)さんがアートロックフリーザーを使ってネット販売していることが分かりました。

お取り寄せ通販の注文方法も合わせて確認してみてください!

目次

アートロックフリーザーとは

アートロックフリーザーは、特殊冷凍ソリューション事業を展開するデイブレイク株式会社の最先端冷凍テクノロジーの特殊冷凍機です。

氷結晶を小さく生成してうまみ成分を閉じ込め、ドリップを出さないのです。

特別な原理で冷気を当て、食品から熱を奪う効率を最大化し、乾燥や変色といった食材へのダメージを与えずに、””限りなくありのまま””の高品質な冷凍を実現させたそうです。

鮨心の通販への経緯

この特殊冷凍機をいち早く導入したのが、東京・麻布十番にある””鮨心(すしこころ)さんなのです。

高級にぎりずしや調理済みのハマグリや天ぷらなどが、品質を落とさず冷凍され自宅で食べることが出来るのです。

鮨心の店主である中村さんは長らくすしを冷凍で流通させたいと考えてきたという。「(コロナ禍などを受けて)おすしを食べに行くのが当たり前でない時代がすぐそこまできているし、現に来ている。麻布十番の店はカウンターの10席で、毎日満席だが一日10人しか幸せにできない。アートロックフリーザーによって、(麻布十番の店まで来られなくても)全国・世界中におすしで幸せになっていただくことが可能になったと実感している」と語った。

このような考えから、アートロックフリーザーを導入しお届けできるスタイルをつくりあげたのです。

鮨心のお取り寄せ通販方法

鮨心の寿司の注文は、鮨心の公式HPから申し込みことが出来る。

鮨心オンラインショップ

メニューは7種類あり、「シン握り」に関しては、番組放送日の11月21日から12月28日まで、100食限定で1人前の握りが無料でもう1人前ついてくるキャンペーンが開始されます。

きっと、番組放送日には殺到して売り切れてしまうのではないかと予測されます。お得すぎますもんね。

他にも麻布タコの桜煮やウニやズワイガニのおにぎりなども販売されています。

どれも、写真から香りが漂ってきそうなものばかりです。

▼冷凍パックされたものがこちらのようです。なんだか超精密な食品サンプルのようですね。

楽天市場にも商品がある

驚いたのですが、楽天市場でも「シン握り」があったんです。

公式より割高なんですが、楽天市場の方が言い方はこちらをチェックですよ!


鮨心の場所(アクセス)

住所:東京都港区南麻布4丁目12-4

道のり:最寄駅は広尾駅で鮨心までの距離は約500m、徒歩で5分ほどの場所です。

▼お店の外観です。低層マンションの1Fに入っていました。

▼店内はシックで落ち着いた雰囲気で席は10席となってます

鮨心の営業時間と定休日

営業時間:17:30~22:00

定休日:日曜日

※営業時間等は変更されている場合もあります。

鮨心の予約

店舗への来店は予約しておくことも可能です。

予約は食べログからとなっています▶鮨心予約フォーム

鮨心のキャンセル料金

予約をすると前日からキャンセル料が発生します。

前日のキャンセルは50%
当日のキャンセルは100%

と、なっていました。

当日予約時間から30分到着がない場合も当日キャンセルとみなされます。

鮨心のメニュー

メニューはおまかせになります。

金額の指定をすると、その金額に見合ったものが提供されます。

旬の恵みやお好みなど考慮してもらえるようです。

鮨心の口コミ(評判)

最高のお寿司屋さん。冷凍のシン握りもいただきましたが、遜色なく全然わからないくらい美味しかったです。接客も神。

Google

鮨はアート作品。アットホームな店と裏腹に鮨は緊張感を持ちます。楽しめました。

Google

鮨心の冷凍寿司お取り寄せまとめ

今回のがっちりマンデーは知らない世界を除くことができ、知らない新しい世界がありました。

握り寿司のお取り寄せなんて考えたこともなかったですが、このような形で冷凍の技術があがり自宅で高級寿司が食べられるってすごいですね!


よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

休みがあればキャンプに出かけています。主に訪れたキャンプ場の情報などを発信しています。
他にも日々の気になったことなども書いていこうと思っています。

コメント

コメントする

目次
閉じる