大自然豊かな佐渡の二ツ亀でキャンプしたい!一体どんな場所?

佐渡島は新潟県沖にある日本で2番目に大きな島です。自然豊かで魅力的な島で二ツ亀キャンプ場の真下に広がる二ツ亀海水浴場は日本の海水浴場100選やミシュラン・グリーンガイド・ジャポンで二つ星にもなっている景勝地・透明度を誇っています。そんな魅力的な場所にいきたい!そしてキャンプ場まであるなんて!これは行きたくてたまりませんね。

目次

キャンプ場の場所

二ツ亀キャンプ場は佐渡島の北に位置し両津港から佐渡一周線を4〜50分走ったところにあります。道なりにずっと海が見えるラインで走っていてとても気持ちがよかったです。所々狭まったりもするので景色に目を奪われすぎないようにご注意を。バスも両津港から出ていますので海水浴やホテルに泊まる方はバスに乗って存分に景色を楽しんでください!

キャンプ場の受付は隣接しているSADO二ツ亀ビューホテルにて行います。予約などは受け付けていませんですたが、問い合わせなど全てこちらで対応していただけるそうです。車もこちらの駐車場に停めさせてくれました。

サイト状況

サイトは丘の上、芝も長めでとてもフカフカで気持ちがいい!そのまま座ったり寝転んだりできちゃいます。サイトには車は停められませんが荷物を運び入れるためだけには入ることが可能だったので駐車場までには坂道もありますのでとても助かります。サイトはフリーで好きなところに先着順にテント設営していきます。

サイトからの景色

このサイトで一番に目に飛び込んでくるのが二ツ亀と言われる島!二匹の亀の甲羅のようと名付けられたそうです。絶景ですね。ここから見る夕焼けが本当に綺麗で夕日に釘づけで動けませんでしたよ。

さてここは丘ということもあり、平坦なところがほとんどなくほぼ傾斜面で緩やかなところもあれば、かなりの斜面のところもありましたが、そんなことなんとも思わないほどロケーションが良かったです。

設備

設備は、炊事場・お手洗いがサイトにありシャワー施設もみられましたが使用されていないようでした。お風呂はホテルの方で入ることができ1人500円でした。※2020年はコロナで解放していませんでした。

周辺情報

近辺に買い物が出来るようなお店は見当たらなかったので、両津港周辺で買い物は済ませておくのがいいでしょう。両津港を離れると道一本で所々住宅があるだけで大野亀方面に小さなタバコ屋さん的なお店がありましたが食材などは置いていませんでした。

海岸

サイトから真下の海水浴場まで階段があり降りていくことが可能で結構な下りでしたが夏場はここからダイレクトに行けて便利です。海水浴場にはトイレ、シャワーもありましたよ。海水の透明度がすごくて小魚も確認できて感動です。潮の満ち引きによって二ツ亀までいくこともできちゃいますし釣りをしている方もいましたよ!

キャンプサイトに戻るのに先程の急な階段、かなり長いので上がってくるのにしんどいですが夕日はサイトから見るのが格別でしたので夕暮れ前には戻ってくるのがいいですよ!

キャンプレポート

そして時期などにもよりますが、海沿いの丘サイトなので風があると結構な強風になることがあります。サイト内側でもタープを張ることが不可でした。タイミングよく張れてもすぐに強風にやられて危なかったです。他のキャンパーさんも危険と判断しタープ片付けてましたから、状況判断は大事ですね。海側に至っては火起こしも風防ないと無理でしたしあっても飛んで行く勢いでしたので、この時は諦めて炊事場で食事まで済ませました。キャンプの醍醐味、焚火もサイトでは諦めて炊事場でほんの少し堪能しました。この日のキャンパーさんほとんどが炊事場に集まるといったちょっと変わったキャンプになりました。

食事を終えるとやることもなくなってしまったので早々とテントに入ると普段はすぐに寝てしまうのですが、ランタンを入れて映画をみたりしてそれはそれで楽しく過ごし、強風でバタバタしているテントを心配しつつ台風の夜にドキドキした子ども時代を思い出したりしていました。

この日は夕暮れから曇ってしまったのですが、空には満点の星空が広がっているはず!みなさんが訪れるときには満点の星空が見られますように★★★そして観光スポットもたくさんありますので佐渡の魅力をたくさん堪能してください!

二ツ亀キャンプ場まとめ

 サイト状況   
 斜面の多い丘で長めの芝    
 真下に海水浴場あり 
 施設  
 炊事場
 トイレ
 風呂
 隣接ホテルにあり
 (コロナや休館日に注意)
 車 乗り入れ不可
 (荷下ろし時のみ可能)
 駐車場 ホテル駐車場
 期間 4月末〜10月
 料金 900円
 周辺情報 隣接ホテル
 海水浴場
 大野亀
 弾崎灯台
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

休みがあればキャンプに出かけています。主に訪れたキャンプ場の情報などを発信しています。
他にも日々の気になったことなども書いていこうと思っています。

目次
閉じる