立川うど(東京うど)の通販お取り寄せ!特徴や口コミは?ごはんジャパン

2022年2月26日のごはんジャパンでは、東京都立川市に訪れたくさんの野菜の中から「立川うど」が取り上げられています!

東京、立川の特産品である「立川うど(東京うど)」どんな食材なのでしょうか?

立川うど(東京うど)の特徴や通販お取り寄せ情報に口コミもチェックしてみました!

目次

立川うどと東京うどの違い

番組内で「立川うど」と紹介されているのは、東京都立川市で生産されている「ウド」なのですが、

東京都では、立川市の他にも「国分寺市、小平市、武蔵野市、三鷹市、練馬区」でも生産されているようで、立川市も含めて「東京うど」とまとめられているようです。

ですので、販売店やネットで「東京うど」と表記されているものは、立川市、国分寺市、小平市、武蔵野市、三鷹市、練馬区の産地を指しているようです。

しっかり産地をチェックするか、「立川うど」の表記されているか見るとよさそうです。

調べていると「立川こまち」という表記の物が出てくるのですが、立川こまちは、東京うどを短くしたもので持ち運びしやすいものなんだそうです。

立川うど(東京うど)通販お取り寄せ

JAタウン

JAタウンでは、東京うどと表記され、産地情報は「立川市、国分寺市、小平市、武蔵野市、三鷹市、練馬区」になっていました。

ポケットマルシェ

ポケットマルシェでは、立川うどではなく「東京うど」の販売はされていました。

現在、販売されているのは小平市の農家さんのみでした。

農家直販

須崎農園

立川市でうどを育てている「須崎農園」さん

詳細はホームページへ▶須崎農園

荻田園

荻田園も立川市で生産しています。

詳細▶荻田園ホームページへ

大手通販サイト

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでは「立川ウド(東京うど)」の取り扱いはありませんでした。

他の産地のウドは販売していましたよ!


立川うど(東京うど)の特徴

うどは、光の入らない室(むろ)と呼ばれる地下3mの穴ぐらで育てるんです。

光が当たらないことで、白く柔らかい食材に育つんですね!

うどの最大の特徴は、独特の香りとシャキシャキとした歯ごたえで、水分や食物繊維も多いんです。低カロリーでヘルシーな野菜とされています。

旬の時期は、12月中旬~4月頃

利尿作用や血行促進、便秘改善などの効能があるんです。

立川うど(東京うど)の口コミ・評判

▼うどの天ぷら美味しそうですね!

▼色々な使い方で色んな食べ方で堪能できちゃうんですね!

▼うどのドレッシング?!とても気になります

立川うど(東京うど)まとめ

立川うどは、東京都立川市で県内生産ナンバー1の生産量なんだそうです。現在は立川市だけでなく東京各地でも生産されているので、産地チェックが必要そうです!

立川市に、「ウドラ」というキャラクターがいるんです!クセになりそうですね。

過去の放送
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

休みがあればキャンプに出かけています。主に訪れたキャンプ場の情報などを発信しています。
他にも日々の気になったことなども書いていこうと思っています。

コメント

コメントする

目次