秋山博康(リーゼント刑事)徳島警察のプロフ!キッカケや経歴に現在は?激レアさん

2021年10月11日の激レアさんを連れてきた。で刑事なのにリーゼントをめちゃめちゃ怒られながらも30年以上貫いた人!と登場したのは徳島県警の秋山博康さん。

現在は退職され犯罪評論家等の活動をされています。

リーゼント刑事・秋山博康さんのプロフィールや経歴をまとめました。

目次

秋山博康のプロフィール

読み方

秋山博康:あきやま・ひろやす

誕生日・年齢

生年月日:1960年7月8日

年齢:歳(2021年9月現在)

出身地

徳島県吉野川市

職業

犯罪評論家・コメンテーター、防犯コンサルタント、ドラマ等の警察監修

秋山博康の経歴

秋山博康さんは交番勤務や機動隊勤務を経て、23歳の時に凶悪事件を捜査する徳島県警捜査一課に配属されて刑事となります。

オウム真理教事件・『ルーシー・ブラックマンさん事件・営団日比谷線中目黒駅構内列車脱線衝突事故・世田谷一家殺害事件など私たちの知っているような大きな事件にもかかわっていました。

2001年に発生した「おい!小池」で有名な徳島・淡路父子放火殺人事件にも携わり、その後フジテレビ系列、テレビ東京系列などの警察特番で「リーゼント刑事」との呼称で度々登場していたので、知っている人も多いのではないでしょうか?

秋山博康の刑事へのきっかけ

刑事になろうと思ったのは10歳の時

当時自宅に泥棒が入り駆け付けた刑事に「大丈夫!ワシが絶対捕まえたる」と言われたことがきっかけで、将来は刑事になって困ってる人を助けようと決意したそうです。

刑事になるために山の中にテントを張って修行をし極真空手のマネや体力をつけるために階段往復、正拳突きと蹴りを千本に蹴りは鉄下駄を履くなど思いつくことを行っていたそうだが、これはのちに校長先生に叱られる事態となったようです。

秋山博康のリーゼント

秋山博康さんのリーゼントは矢沢永吉さんに憧れたことがリーゼントにするキッカケになったんだとか。

高校生の時から髪を伸ばしずっとこのリーゼントスタイルなんです!

さすがに警察学校ではリーゼントにはできなかったそうですが、それ以外はずっとリーゼントとのことです。生涯リーゼントで生き抜くのでしょうね!

秋山博康の現在

秋山博康は現在、ホリプロに所属し犯罪評論家、防犯コンサルタント、刑事ドラマの監修といった活動をしています。

さらにはYouTubeも投稿していて、かなりのチャンネル登録者がいるようです。

リーゼント刑事・秋山 博康チャンネル 「11時09分、現逮じゃ!」

秋山博康のまとめ

気になるリーゼントはえーちゃんこと矢沢永吉さんの影響だったとは、驚きの気持ちと「あ~!」といった気持ちが入り交ざりました!

それにしても刑事なのにリーゼントってすごいですよね。リーゼントだったことによって色々と良くも悪くも武勇伝が盛りだくさんで、今聞くとクスッと笑っちゃうようなことも面白かったです!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

休みがあればキャンプに出かけています。主に訪れたキャンプ場の情報などを発信しています。
他にも日々の気になったことなども書いていこうと思っています。

コメント

コメントする

目次
閉じる